2010年05月26日

食事を改善するだけで上半身・下半身太り、シワ、たるみ、セルライトを克服できます。

あなたにも、このような経験があると思います。

普通は食欲の少ない朝食を抜いて摂取カロリーを減らし、
その分を夕食で少し多めに食べてしまいますよね。

これは誰もがわかりきっている事実ですが、食べなければ体重が減ります。
ですから、朝食を抜けば当たり前ですが、体重は減ります。

なぜ食事を抜くことで、体重を減らしてはならないのでしょうか?

人の体はね、1食抜くと次の食事のカロリーを
体脂肪にため込むような構造にできているんですよ。

飢餓を何度も乗り越えて生存してきた人類が
今も存在する理由を考えれば、ご理解いただけますよね?

おまけに夜はBMAL1(カロリーを体脂肪に蓄える体内物質)
の分泌が多いため、食べたものを体脂肪に蓄積させやすいんですよ。

今まで食事を抜けば「体重が減る」と表現しましたが、
体重が減ることと「痩せる」ことは全く異なります。

ただ体重を減らす行為を繰り返すほど、
継続的にキレイ痩せするには不利になっていきます。

このような方法で体重を減らしても、体脂肪が減ることはありません。

まず、リバウンドを簡単に繰り返す体質になること。
次に、健康状態がどんどん悪くなっていくこと。
そして、お肌が際限なく荒れていくこと。

体の細くなってほしい部分が太くなり、
体の変な部分が太くなって体型が醜くなること。

まだまだ色んな弊害はあります。
心臓病や生活習慣病を招くこともその1つです。
朝食を抜くことで生活習慣病になりやすくなるんです。

これは食事抜きが悪いだけではなく、
カロリー置き換え食品でも同様にいえることです。

マイクロダイエットが高血圧や花粉症、気管支喘息を引き起こす
ことは医療関係者も注目していることです。

もちろん、豆乳クッキーダイエット、ヒルズダイエット、
グローバルダイエットなどでも同じことです。

もしあなたが食事を抜いて痩せようとしたり、
カロリー置き換え食品を利用して体重を減らしているのでしたら、
ご自分の体の変化を考えてみてください。

徐々に食事量が減ってきているのに、最近は特に太りやすくないですか?

お腹や下半身など、体の太くなってほしくない部分に
脂肪が集中してついてませんか?

ストレスが大きくなりがちで、
生理不順など体調にも悪影響が出てませんか?

目の下にクマができたり、皮膚がたるんできたり、
お肌が荒れたりしてませんか?

疲れやすかったり、寝起きが悪かったりしませんか?

このように、食事抜きやカロリー置き換え食品を利用していては
キレイ痩せが実現することはありません。

絶食や置き換え食品でリバウンドを繰り返せば、
ますますカロリーを消費しない体になってしまいます。

そして・・・
食事量をどれだけ減らしても痩せない体質になります。

「じゃあ、私はどうすればキレイに痩せられるの?」

女性であれば誰だってキレイになりたいし、体型の悩みを持っています。
そして色んなダイエットを行って失敗もします。

ですが何も心配する必要はありません。
食べるほどカロリーを消費する体質になれば、
キレイ痩せするほど体型が整い、美容と健康が促進します。

体型と美容、健康の悩みは必ず克服できます。
美容と健康を増進しながらキレイ痩せするのは簡単です。
上半身・下半身太り、シワ、たるみ、セルライトなんて怖くないです!!

好きな物を食べてもどんどんカロリーを消費する体質に変わります。

詳細はこちらのブログ「体脂肪を減らすダイエット法!」をご覧ください。

posted by yosi at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。